ピアノレッスンのヒント 上達への豆知識

ピアノのレッスンと聞くと、ただただひたすら繰り返しの練習
というイメージがありますが、実はここで大事なポイントがあります。

あまり知られていないかもしれませんが、手指の形が大事なんです。

ピアノを初めて最初に習うのがこのポジションの部分です。
左右の手の中にそれぞれ卵が一つ入っていることを意識して、
両手の形を作ります。
弾いている最中も、決してこの形を崩してはいけません。

一見簡単なことのように聞こえるかもしれませんが、
慣れるまで意外と時間がかかります。
ついつい弾く方に意識がいってしまい、指の形を忘れてしまうんですね。

ではなぜ、この指の形が大事なのかと言いますと、ピアノは
音の強弱をタッチ一つで自由に変えることができます。

しかし、これはなかなか繊細な部分なのです。
ペタンとした指の恰好ではこのタッチがうまくいきません。

そのためピアノを弾く人は指の一本一本の筋肉が強くし、
このタッチを大事に演奏するのです。

カタンと動くあの鍵盤を自分の思うような強さでタッチするのは、
初心者には至難の業です。

手指の形を保ちながら演奏することで指の筋肉を鍛えると、
強弱のついた表現豊かな演奏ができるようになります。

ただ弾くだけではなく、こういった表現方法を身につける
ということがピアノでは重要となります。

初心者のためのピアノ教室をお探しなら

初心者でも自宅でわずか10日でピアノが弾けるようになる


美人中村姉妹のシークレットピアノレッスン

フィード